人材ビジネスの新入社員

キャリアコンサルタントが身につけておくべき心構えとは?

人材ビジネス業界に新入社員として就職をした人は、希望と不安の入り混じった感情を抱きながら、新しい仕事にまい進されていることと思います。
人材紹介会社で働くキャリアコンサルタントが身につけておくべき心得について紹介しますので、新入社員の皆さんに仕事の参考にしていただければ幸いです。

人材紹介会社でキャリアコンサルタントとして働く意義について人それぞれの考え方があるでしょうが、キャリアコンサルタントである以上、人材を求めている企業、求人を探している転職希望社双方に満足を与える成果を出すことが最も重要だと考えられます。
そのためには、日々の努力が欠かせません。

人材紹介会社では求人を取ってくる営業マンと、転職希望社と会社をマッチングさせるキャリアコンサルタントの業務が分かれている会社が増えています。
より多くの会社の情報を得るためには、専属の営業マンが集中的に会社からの求人情報を取得してくるほうが効率的だからです。

就職を斡旋するという社会的な使命を目指す

このためキャリアコンサルタントは、自分が紹介する企業について、営業マンから話を聞いて情報を得ることになります。
自分が実際にその会社に出向いたわけではなく、人事担当者と話したわけでもないのに、転職希望社におすすめの就職先として紹介することになるのです。
このような場合は、細かな情報のすり合わせを怠らないようにしましょう。

また、営業マンが1社でも多くの会社から求人情報を得ようと努力するのと同様に、キャリアコンサルタントは一人でも多くの人と面談し、採用が成立するよう尽力する必要があります。

大勢の人と面談をしようとすると、一人一人に対して十分な時間が取れず、徹底的なサポートが難しくなるケースもあります。
つまり、良心的に仕事をすること第一としながらも、企業利益を上げるための最大限の努力をしなければいいけなのいです。
ここで新入社員の多くがジレンマに苦しみ、業績の伸び悩みに苦しみ、業務の多さに押しつぶされそうになります。

しかし、コンサルタントとして業務を行う以上、コンサルタント業で売り上げを上げるしかありません。

そのためには、転職希望者が満足のいく職場に就職でき、そこで長期間生き生きと働けるよう尽力するのことが大切です。
ていねいなサポートを限られた時間で行うので、最初は大変な思いもすることでしょう。
しかし、まずは顧客満足を考えて、それを実践するための最大限の努力と工夫を積み重ねることで優秀な実績を残せるのです。

人材紹介業は人と人をつなぐキーパーソンとして、重要な役割を担っています。
転職はその人の今後の人生を左右する大きなライフイベントであることを忘れずに、キャリアアップのプロのアドバイザーを目指してください。