内定辞退者インタビューからの発見

内定辞退者に関するトラブル

内定辞退は正直人士採用担当者にとっては非常にショックの大きいものです。
特に面接段階から「この子は見込みがある。入社したらこういう仕事をさせてあげたい」というふうに考えてしまうような将来性のある人から内定辞退を受けるとかなり大きな動揺を受けることになります。

そうした内定辞退者に対しての嫌がらせとなるような呼び出しや説教をする企業もいるようなのですが、人事担当者の目からするとそうした怒りはお門違いで、お気に入りの求職者に対して将来のあるポストを用意できなかったことを反省すべきと言えます。

そもそもとしてなぜ内定辞退ということが起こるかというと、不景気により学生が就職活動中にすべり止めとなる企業を何社も平行して受けることが常態化しているからです。
熱心に就職活動をスケジューリングする学生というのはその時点でかなり優秀ですので、他にも多数の内定をとりその中から自分の行きたい企業を選ぶようになります。

冷静になって考えてみれば、ある企業が「この子は優秀だ」と思える人材が他の企業で就職活動をしたら同じような評価を受けるのは当然のことです。

内定辞退者のインタビューに見える本音

内定辞退は企業の採用担当者にとっては腹立たしい存在であるので一方的に悪と決めつけられがちですが、実際に内定辞退をした人の話を聞いてみるとそこから一定の共通点が見えてきます。

内定辞退をした人を対象としたインタビューでその理由として多く挙げられるのが「第一希望から内定を受けた」といった優先順位が理由の他に「なんとなく不安になった」「面接時点で合わなそうに感じていた」というようなことです。
本音を探りきれなかった人事担当者の落ち度とも言えます。